[コラム]誰もが口をつぐむ電通の闇を暴け!

電通は、世界でも有数な広告代理店として、日本国内ではマスコミや政界に絶大な力を持っている。だから電通の闇は、マスコミでも報じられることはほとんど無い。

今回の新型コロナ対策で中小企業に最大200万円を支給する持続化給付金で、一般社団法人サービスデザイン推進協議会に給付業務が委託された。この財団法人は。電通やパソナの社員が役員を務めていて、ほとんど実態のないトンネル会社だったことが問題になっている。

だらに 新型コロナウイルスで需要が落ち込んだ旅行や外食産業などの需要喚起策「Go Toキャンペーン事業」の委託先を電通として、3095億円を委託費と支払うことが明らかになった。

「Go Toキャンペーン事業」では、予算に必要経費1・7兆円が計上されている。
そのうちの約4分の1が電通に事業推進の委託費と支払われる。

この莫大な金額が、経済産業省と電通の間のなれ合いで決められている。

アベノマスク、持続化給付金、「Go Toキャンペーン事業」と立て続けに不可解なお金の流れが表に現れてきている。

今回の電通に関する情報は、ひょとすると経済産業省出身の今井補佐官らの暴走に業を煮やした経済産業省からのリークかもしれない。

再訪をお待ちしています。

最終更新日

アバターアバター

Author: レイニー鈴木

アフター⑲研究所所長 新しい音楽やガジェット好きで管理社会を憂うオジサン。 特に裏道散策が大好き!ほかにもDTMなんかやってるAppleカルトです。