カテゴリー: ディストピア情報

Posted in ディストピア情報

官邸のラスプーチンが暗躍? 怖い密室の政策決定

官邸のラスプーチンとは、今井尚哉首相補佐官のことだ。 安倍首相が、現在、官邸で一番信頼している人物だ。現在の安倍首相が打ち出す政策に深く関わり、首相は、重要政策や政権の支持率に影響する政策は、必ず今井秘書官に相談するとい…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

「香港国家安全維持法」(中国国内法)を海外在住の外国人にも適用!中華帝国の始まりか?

「香港国家安全維持法」が7月1日に施行され、「香港は死んだ」と言われるくらいインパクトの強い法律だった。 今後、香港人が、独立活動を行うと中国政府の管理下の組織に逮捕され、最悪の場合は香港から中国国内へ移送され、そこで裁…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

「香港国家安全維持法」で香港市民は、死の危険にさらされる!

7月1日から施行された中国の「香港国家安全維持法」は、香港に関して以下の行為に対して取り締まることができる。これが自由を求める香港市民や西側諸国への中国の回答だ。 分離独立:国家からの離脱反政府:中央政府の権力・権限を揺…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

[週末序章]世界極寒の地「ベルホヤンスク」で38度の異常高温、永久凍土が溶解!

世界極寒の地「ベルホヤンスク」で、6月20日(土)に摂氏38度の異常高温を記録しました。 ベルホヤンスクといえば、最低気温記録の氷点下67.8℃をもつシベリア極寒の地です。そこで異常高温というのですから、異常気象がかなり…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

ドイツ銀行の予測、10年以内にキラーインフルエンザのパンデミック、超火山噴火、太陽フレア、第3次世界大戦が発生する可能性が高い

英大衆紙Daily Star(6月18日付)が、ドイツ銀行による調研究に基づく将来予測について報じています。 それは10年以内に起こる4つのディストピアで、現在のコロナウイルスのパンデミックは、比べものにならない災禍にな…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

[独裁者が登場する予感??]国会の議論が形骸化し無意味に!

民主主義国家の最高議決機関である国会及びその下にある委員会の質疑が形骸化してる。 特に現在の予算委員会をYouTube配信などで視聴すると気がつくと思いますが、野党議員の質問について、与党の大臣や副大臣が、都合の悪いこと…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

[まるで戦前?]山口県田布施町、内部告発者に露骨な報復人事とパワハラを実施中!(更新)

公務員といえば、身分が保障され、個人的な人権も一般企業よりも尊重されていると考えられがちだが、意外と地方の小規模自治体では、報復人事が行われている。 今月に入って話題になっているのが、山口県田布施町での内部告発者に露骨な…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報 未分類

アフターコロナ、監視がニューノーマルに!

一部の国では新型コロナウィルス対策で、個人の追跡システムが利用され、成果を上げている。いずれ日本でもこの技術を取り入れた感染症対策が行われるのは自然な流れだ。 時事ドットコムで以下のような記述があった。 ハーバード大学ケ…

続きを読む / Continue Reading ▶