Posted in ディストピア情報

[独裁者が登場する予感??]国会の議論が形骸化し無意味に!

民主主義国家の最高議決機関である国会及びその下にある委員会の質疑が形骸化してる。 特に現在の予算委員会をYouTube配信などで視聴すると気がつくと思いますが、野党議員の質問について、与党の大臣や副大臣が、都合の悪いこと…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in

小池都知事の迷走で、東京には「小池アラート」が必要になった?

予定通り6月19日には、再以後まで残っていたライブハウスと接待を伴うバー・スナックなどの飲食店への新型コロナウィルス対策による自粛要請を全面解除を行うことを小池知事は明らかにしている。 令和2年6月15日(月)の感染者は…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

多目的トイレは無料のセックススポットだった!ならば、低価格のカプセルトイレをたくさん作ったら??

最近は、アンジャッシュの渡部の話題でもちきりだが、興味があるのは、多目的トイレが、セックススポットとして使われていることだ。これはあまり考えなかったが、過去には宮川大輔も不倫で使った。 トイレは無料だから、性欲が強い男女…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in 陰謀論

「Qアノン」と「ディープステート」の陰謀論がアメリカを動かす

ディープステートとは、アメリカの政治経済のトップレベルの(官僚を含む)エスタブリッシュメントが、政府の中の政府をつくり、国を動かしている陰謀論だが、世界的にかなり広まっていて、一般人だけではなく知識人の中でも信じる人が多…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

[まるで戦前?]山口県田布施町、内部告発者に露骨な報復人事とパワハラを実施中!(更新)

公務員といえば、身分が保障され、個人的な人権も一般企業よりも尊重されていると考えられがちだが、意外と地方の小規模自治体では、報復人事が行われている。 今月に入って話題になっているのが、山口県田布施町での内部告発者に露骨な…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in

[人物]ジュディー・ガーランドのドラッグ、セックスに溺れた破滅的人生

98年前の1922年6月10日は、大女優のジュディー・ガーランドの誕生日。 ジュディー・ガーランドといえば、アメリカの大女優で、1939年に公開された「オズの魔法使い」で大ブレイクした。 その少女らしい可愛らしい外見と「…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

[ディストピアへ]少数意見は無視、開会前に結論が分かっている国会って、意味あるの?

民主主義は、少数者の意見に耳を傾け、よいところは取り入れて、最期は多数決で決めるという者だと理解していたが、どうも最近の国会は異なるようだ。 日本の政党と国会は、一人一人の国会議員の力量を無視するようなシステムになってい…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

偏った想像力が、世界を破壊する

2016年に発売されベストセラーとなった「サピエンス全史」で、作者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が、人類の歴史においては認知革命、農業革命、科学革命の三つの大きな進展があったとし、特に認知革命によってホモサピエンスはネアンデ…

続きを読む / Continue Reading ▶