Posted in コラム

[ディストピアへ]少数意見は無視、開会前に結論が分かっている国会って、意味あるの?

民主主義は、少数者の意見に耳を傾け、よいところは取り入れて、最期は多数決で決めるという者だと理解していたが、どうも最近の国会は異なるようだ。 日本の政党と国会は、一人一人の国会議員の力量を無視するようなシステムになってい…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

偏った想像力が、世界を破壊する

2016年に発売されベストセラーとなった「サピエンス全史」で、作者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が、人類の歴史においては認知革命、農業革命、科学革命の三つの大きな進展があったとし、特に認知革命によってホモサピエンスはネアンデ…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報 未分類

アフターコロナ、監視がニューノーマルに!

一部の国では新型コロナウィルス対策で、個人の追跡システムが利用され、成果を上げている。いずれ日本でもこの技術を取り入れた感染症対策が行われるのは自然な流れだ。 時事ドットコムで以下のような記述があった。 ハーバード大学ケ…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in

チャップリンの独裁者、独裁者のヒトラー

喜劇王チャップリンは、チャップリン初のトーキー(音声付き)映画「独裁者」で、ポーランド侵攻などの侵略はじめたヒトラーを風刺しました。 「独裁者」でヒトラーは、ヒンケルとして描かれています。チャップリンのヒトラーを模した演…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in

道鏡とラスプーチンは、本当に怪僧だったのか?

為政者に取り入った怪僧として有名なのは、女性の孝謙上皇(後の称徳天皇)に取り入った道鏡、ロシア帝国の皇帝ロマノフ二世に取り入ったラスプーチンが有名です。 道鏡は、八世紀に生きた僧侶で、孝謙上皇に占いなどで取り入り、自らが…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in コラム

[コラム]誰もが口をつぐむ電通の闇を暴け!

電通は、世界でも有数な広告代理店として、日本国内ではマスコミや政界に絶大な力を持っている。だから電通の闇は、マスコミでも報じられることはほとんど無い。 今回の新型コロナ対策で中小企業に最大200万円を支給する持続化給付金…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

マイナンバーと「全口座」のひも付け義務化は来年度

高市総務相が、5月22日に会見で、人のマイナンバーと全ての預貯金口座のひも付けの義務化について、「来年1月召集の通常国会(の法案提出)に向けて検討を進めたい」と述べました。 全口座がマイナンバーと紐付けられることにより、…

続きを読む / Continue Reading ▶
Posted in ディストピア情報

記録破棄によるディストピア化

ジョージ・オーウェルの有名なSF小説「1984」未来の管理社会、ディストピアを巧みに描き、管理される人間側の苦しみや悲哀を描いてみせた。当時は、第二次世界対潜が修了したばかりの1948年で、ヒトラーによる全体主義体制とゲ…

続きを読む / Continue Reading ▶